まるでウユニ塩湖!香川県・父母ヶ浜に行ってきました。時期や条件・アクセス・撮り方まとめ

ウユニ塩湖のような写真が撮れると話題の香川県・父母ヶ浜海水浴場に行ってきました。

時期と条件が悪かったのですが、それでもウユニ塩湖のような素敵な写真が撮れました。

今回は香川県父母ヶ浜海水浴場のアクセスや、父母ヶ浜でウユニ塩湖のような写真が撮れる時期・条件についてまとめてみます。

父母ヶ浜で撮る「ウユニ塩湖」のような写真。

水たまりの向こう側でマルを抱っこして立っているのですが、海の上を歩いているように見えます。

幻想的な写真が撮れたなぁと満足しています。

でも、この日は、風が強くて、いくら待っても砂浜の水たまりの波紋が消えませんでした。なので、ウユニ塩湖のように水たまりに鏡面反射している写真は撮れませんでした。

でも、風が強かったおかげで、砂の波紋がとてもくっきりしていました。今まで見たことのない風景でした。

これは日が沈んだ後の写真。ヴィーナスベルトが出ています。

下の水たまりにも、かろうじてヴィーナスベルトが映っています。

撮影してくれた夫いわく、露光量をあげるためにシャッタースピードを遅くしているので、水たまりの波紋が気にならない写真が撮れているそうです。

これは、ヴィーナスベルトも消えてしまった後です。

星が出ています。下の水たまりに、星が映るといいなと思っていたのですが、やっぱり風が強かったのと、街明かりのせいで上手に撮れませんでした。

父母ヶ浜で「ウユニ塩湖」のような写真が撮れる時期・条件。

  • 風が少ない。
  • 干潮。

この2つの条件はマストです。

父母ヶ浜は遠浅の海水浴場なので、干潮の時間帯に砂浜に残った水たまりが現れます。

干潮じゃない時間帯に父母ヶ浜に行っても、水たまりが現れていないので、ウユニ塩湖のような写真は撮れません。

干潮の時間帯は潮見表でチェックしておくといいです。

そして、水たまりが現れていても、風が強ければ、水たまりの波紋が消えず、わたしが撮った写真のように水たまりの鏡面反射のない写真になってしまいます。

わたしたちが父母ヶ浜に行ったのは、今年の2月ぐらいでした。冬は瀬戸内海でも比較的強い海風が吹きやすいので、春〜秋がおすすめです。

特に夏は、夕日の時間に風が止むので、写真撮影にはぴったりです。

  • 晴れた日。
  • 夕日の時間帯。
  • 夜に月が出ない日。

この3つの条件は、好みです。

雲の出ている日でも、その雲が鏡面反射してダイナミックな迫力のある写真が撮れますし、お昼間に撮影しても真っ青な空が鏡面反射したウユニ塩湖さながらの写真が撮れます。

ただ、父母ヶ浜で撮ったウユニ塩湖のような写真の中でよく見るのは、よく晴れた夕日の時間帯です。父母ヶ浜は日本の夕日100選にも選ばれた場所なので、夕日は絶景です。

干潮の時間帯と日の入り時間が重なる日に訪れるのがおすすめです。

あとは、月齢表もチェックして、夜間に月の上がらない日に行くと、星空が鏡面反射したウユニ塩湖のような写真が撮れます。

でも、満月の明るい日に行って月の鏡面反射も撮ってみたいし、本当に好みですね。

いつでもウユニ塩湖のような写真が撮れるわけではなく、運頼みの部分もあるのですが、条件がぴったり揃えば、よい写真が撮れること間違いなしです。

父母ヶ浜の近くに住んでいれば、頻繁に訪れられるので羨ましいな。

父母ヶ浜で「ウユニ塩湖」のような写真を撮るときのポイント。

  • 地面すれすれの位置でカメラを構える。

写真を撮る人は、立って撮るのではなく、極限まで地面に近づいて撮ると、ウユニ塩湖のような写真が上手に撮れます。

せっかくいい条件の時に、父母ヶ浜を訪れているのに、視線の高さで写真を撮ってしまって、残念な写真になっているものも見かけます。

ぜひ、父母ヶ浜を訪れたら、地面の位置すれすれでカメラを構えて撮るようにしましょう。

  • 水たまりと水たまりの間の砂の部分に立つ。

撮られる側の人は、水たまりの中に足を踏み入れないようにします。踏み入れると、水に波紋が立ってしまいます。

水たまりと水たまりの間には砂浜の部分があるので、そこに立つようにします。

手前の水たまりは小さくても、撮る人がカメラを地面すれすれで構えて撮ると、ウユニ塩湖のような写真が撮れます。

わたしたちも、またベストなコンディションを狙ってリベンジしたいと思います。

香川県の父母ヶ浜海水浴場のアクセス・行き方。

香川県三豊市仁尾町天王という場所にあります。海水浴場なので、番地はありません。

・鳴門海峡大橋から

三豊鳥坂ICで下り、県道220号線を進む。三豊市役所仁尾支所のあるT字路に出たら、左折し、県道21号線を少し進むと右手側にすぐ海水浴場駐車場が現れる。

・しまなみ海道から

今治で高速を下り、国道196号線今治バイパスをまっすぐ進む。今治湯の浦料金所から高速道路に乗り、大野原ICで降りる。高速を下りた後、右折し国道11号に進む。十三塚交差点を左折し、県道8号線(のち県道21号線に合流)に進む。20kmほどそのまま道なりに進むと、左手に海水浴場駐車場が現れる。

・瀬戸大橋から

三豊鳥坂ICで下り、県道220号線を進む。三豊市役所仁尾支所のあるT字路に出たら、左折し、県道21号線を少し進むと右手側にすぐ海水浴場駐車場が現れる。

父母ヶ浜海水浴場の駐車場や注意点。

父母ヶ浜海水浴場には無料の駐車場があります。おそらく15〜20台ぐらい停められると思います。

父母ヶ浜海水浴場の近くには、食べ物屋さんがほとんどなく、夕ご飯を食べる場所に困りました。写真撮影で何時間も父母ヶ浜で粘るなら、近くにローソンがあるので、そこで食べ物や飲み物を買うか事前に準備しておくといいと思います。

関連記事

コメント4件

  • 永田賢一 より:

    大変参考になりました。いつか行ってみたいとおもいます。(^-^)

    • こと より:

      永田さん。
      コメントありがとうございます。嬉しく、励みになります。
      ぜひぜひ良い日を狙って訪れてみてください。
      わたしたちもまた再訪できる日を楽しみにしています。

  • みき より:

    素敵な写真載に感動です‼

    思わず行って来ました!
    が、あまり綺麗に撮れませんでした

    何気に、売店のたこ焼きが美味しかったです❗

    • こと より:

      みきさん。
      コメントありがとうございます。
      拙い写真ですが、そのように言っていただけて嬉しいです。
      売店のたこ焼きがあったんですね!わたしたちが行った時は、なかったのか、気づかなかったのか・・・。
      よい情報ありがとうございます。
      わたしたちもまたベストコンディションを狙って行ってみたいと思います。

  • 永田賢一 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください