ギリシャで食べたグリルドカラマリ再現レシピ。揚げないカラマリが美味しい!

ギリシャ料理のカラマリ。美味しいですよね。

イタリアンレストランなどでも、カラマリを提供するところって多いので、好きな人も多いはず。わたしも大好きです。

ギリシャ旅行に行く前は、「カラマリ=イカリング」と思い込んでいたんですが、本場ギリシャでカラマリを注文してびっくり!イカリングじゃない、フライドカラマリじゃない、なんとグリルドカラマリが出てきたんです。

そして、食べてもう一度びっくり!感動的な美味しさでした。

日本に帰ってきてからも、もう一度グリルドカラマリを食べたくなること度々。記憶を頼りに再現してみることにしました。かなり美味しくできたので、レシピをシェアします。

ギリシャの本場グリルドカラマリ。

ギリシャで食べたグリルドカラマリはこちら。

少し焦げ目がつく程度に焼かれたカラマリ(イカ)と、トマト、オリーブオイル、ケイパー、ローズマリーを絡めたソース。本当に美味しくて、わずかなアテネ滞在で二回もこのお店を訪れてしまいました。

ほんっとうに美味しかったんです。どうにか日本でも食べたいと、お家で再現レシピをすることに。

グリルドカラマリ再現レシピ

材料(二人分)

  • スルメイカ 3杯(できるだけ新鮮なものが美味しいです。ミズイカやヤリイカでも可。)
  • ミニトマト 10個(多い方が美味しいです。大きいトマトでも可。)
  • オリーブオイル 大さじ4
  • ニンニク 2かけ
  • 塩・コショウ 適量
  • オレガノ 適量
  • ローズマリー 適量
  • ケイパー 適量
  • レモン果汁 大さじ1程度(お好みで。)
  • 水菜 適量(飾り用に。なくても可。)

適量が多いです。ご自分のお好みで作ってみてくださいね。

下ごしらえ

  • スルメイカの足を引き抜き、胴体と足に分ける。内臓の部分を落とし、足の部分に切り込みを入れ口を取っておく。胴体のケンを引き抜いておく。
  • スルメイカを塩でしっかりともみ洗い、ぬめりを取っておく。
  • スルメイカに熱湯をかけ、臭みをとる。
  • スルメイカの胴の部分に包丁でアコーディオン状(蛇腹状)に切り込みを入れる。
  • ミニトマトのヘタを取り、半分に切る。(大きいトマトの場合はサイの目状に。)
  • スルメイカに塩・コショウをふっておく。
  • にんにくはみじん切りにしておく。

作り方

  1. フライパンに分量外・少量のオリーブオイル(サラダ油でも可)をひき、スルメイカに焼き色がつくまで焼く。
  2. 焼き色がついたら、フライパンから取り出す。
  3. フライパンのオイルをしっかりと取って、オリーブオイル大さじ4、ニンニクを加える。(フライパンのオイルをしっかりとふき取ると、ソースにイカの臭さが移らず、美味しくいただけます。)
  4. 弱火でニンニクの香りを出し、ミニトマトを加える。
  5. トマトに火が通ったら、オレガノ、ケイパー、ローズマリー、コショウを加える。(ローズマリーは多ければ多いほど美味しいです。)
  6. フライパンを火から下ろし、レモン果汁を加える。(酸味が飛ばないよう、レモン果汁を加えた後は加熱しないでおきます。)
  7. 器にスルメイカと水菜を盛り付け、上からたっぷりとソースをかける。

いただきます。

トマトとオリーブオイルのソースを絡めながら、いただきます。本当に予想外の美味しさです。

フライドカラマリだけじゃなくて、グリルドカラマリも日本でメジャーになればいいなぁ。ぜひお試しください。

関連記事

コメント1件

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください