ガーデニング初心者のプランター寄せ植え。玄関から春を呼び込もう。

以前、母が遊びに来てくれた時に、「ガーデニングしてみたら?」と買ってくれたプランターや土。

縁側で雨ざらし・風さらしになっていたのですが、春を目前にして、「よし!ガーデニングでもしてみよう!」と一念発起しました。

プランターでガーデニングに初挑戦。はてさて、大大大初心者のわたし。うまくいくでしょうか。

プランターでガーデニング、初心者でもできる?

用意したのは園芸用の土とプランター、スコップ、軍手。

後から知ったのですが、プランターの底には鉢底石を敷き詰めるといいようです。今回は、そのまんま土を入れてしまいました。次回の教訓にしよう。

結論から言いますと、少し準備不足かつ勉強不足なわたしでしたが、「プランターでガーデニング」初心者でも簡単にできました。

「難しそう」と重い腰のままでいるよりも、「えいっ」と飛び込んで、試行錯誤しつつ、失敗から学びつつガーデニングを楽しめばいいんじゃないのかなー、なぁんて。

プランターで春の寄せ植えを作ろう。

苗選び

さっそく、夫と一緒にお花の苗屋さんに向かい、吟味。

もちろん、準備不足・勉強不足なわたしですから、「育てやすさ」や「寄せ植え時の相性の良さ」など御構い無し。

「やっぱり、植えて育てて楽しくないとね」なんていう、楽観的。

ブルーやグリーンの花が好きなので、思いのままに「育てたい!」と思った苗を購入します。

購入した苗は、レースラベンダー×1株、ブルーデージー×1株、ロータス コットンキャンディ×2株、ペチュニア・ダブルラベンダー×1株と名前のわからない株がひとつ。

色合いは、ブルー、紫系。素敵な寄せ植えができそうです。

いざ、寄せ植え!

丸型プランターの底に園芸土を1~2センチほど敷き、苗をカップから取り出します。

土の上に置いてみて、バランスを整えます。成長した時の苗の高さまで想像して植えられたらベストですが、初心者のわたしはそこまで気が回りませんでした。

場所が決まれば、プランターの外で苗の根っこの土を軽く落とします。

定位置に戻して、左右から土を足していきます。苗の根元部分まで土がくれば完成。

寄せ植えが完成すれば、たっぷりのお水をやっておきましょう。

初心者のこんなやり方、果たして正しいのかな。

2ヶ月後の寄せ植え

2ヶ月経った、春の寄せ植え。もりもりと伸びてきています。

花がらを摘んだり、水をやったり。それ以外の特別な手入れはしていませんが、元気に育ってくれています。

ペチュニア・ダブルラベンダーも、次のつぼみがたくさん付いています。

玄関で自分の好きなカラーの花が帰りを迎えてくれるって幸せですね。

ガーデニング初心者のプランター春の寄せ植え、ひとまず成功ということで。では、続々、ガーデニング楽しみます。

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください