夏みかん大量消費アイディア。今年の夏は大家さんから頂いた夏みかんを存分に楽しみました

今年の夏は、大家さんからたくさんの夏みかんをいただきました。

我が家の周りは、みかん畑がたくさんあります。そこで収穫した夏みかんを、大家さんが何度も「夏みかん、食べんですか?」と持ってきてくれました。

今年の夏は、夏みかんで乗り切ったと言っても過言ではありません。そんな夏みかんの美味しい食べ方、アイディアをシェアします。

夏みかんの簡単ババロア。

写真は撮ってないのですが、夏みかんババロアはこの夏のヒット・デザートでした。

大家さんからいただいた夏みかんは、少し渋くて酸味が強かったので、生で食べるよりも加工して食べたほうが美味しかったです。

材料などは、おぼろげなので書けませんが、作り方はこんな感じ。

  1. むいた夏みかんを、ホーロー鍋で砂糖と一緒に甘く煮からめる。
  2. 別の鍋に生クリームと牛乳、砂糖を入れて、砂糖が溶けるぐらいまで温める。
  3. 火からおろし、砂糖で煮詰めた夏みかんを加える。
  4. 人肌に温度が下がれば、水に溶かしたゼラチンを加えて冷蔵庫で冷やし固める。

卵黄を使わずに、クレームアングレーズも作らないので、ババロアと言えるのかな。でも、生クリームを入れているので、出来上がりはもったりとしたババロアらしい食感になりました。簡単お手軽なババロアです。

小さい頃、よく母が作ってくれていたので、ババロアは好きなデザートです。

夫は初めて食べたようですが、それ以来、「ババロア!」のリクエストが増えました。

手搾り夏みかんサイダー。

手搾りの夏みかんサイダーも何度も飲みました。

無糖のサイダーだと、すっきりさっぱり、暑い日にぴったりです。甘いサイダーでも、夏みかんの苦さが和らいで、とても飲みやすかったです。

庭仕事やDIYのあと、縁側で飲む、手搾り夏みかんサイダーは最高でした。

手作りオレンジピール。

手作りオレンジピールも、今年はたくさん作りました。

  1. 夏みかんの表面をおろし金で少しけずる。
  2. 夏みかんをむき、皮をスティック状に切る。
  3. 水と一緒に鍋に入れ、沸騰するまで湯がく。
  4. 沸騰したら、自然に冷めるまで放置。これを2〜3回繰り返す。
  5. 一晩、お水につけたままにして、あく抜きをする。
  6. 水気を絞って、同量の砂糖と一緒に小鍋で煮からめる。
  7. 水分が飛べば、クッキングシートを引いた天板にくっつかないように並べ、オーブン100度で1時間温める。(水分を飛ばします。)
  8. 適宜裏返し、まだ水気があればさらにオーブンで水分を飛ばす。
  9. できたら、グラニュー糖をまぶし、完成。

自家製オレンジピールを使って、パウンドケーキや紅茶とオレンジのシフォンケーキを作って楽しんでいます。

この時は、オレンジピールと紅茶のベーグルに入れました。もっちりおいしかったです。

夏みかんで作る、手作りポン酢。

手作りポン酢も作りました。

夏みかんの果汁、醤油、たっぷりの昆布と鰹節を全部合わせて、冷蔵庫で置いておくだけでできます。

作りたては、夏みかんの酸味と醤油の塩味と昆布・鰹節の旨味がバラバラで、あまり美味しくありません。

でも、冷蔵庫で熟成させていくと、味がまろやかに馴染み、とても美味しくなります。

冷しゃぶや焼き魚、サラダなどにかけて使っていますが、とても美味しいです。

これからの季節は、秋刀魚が美味しくなるので手作りポン酢で食べたいな。

夏みかんの果汁を製氷機で氷らせると便利。

少し酸味が飛んでしまいますが、夏みかんの果汁を製氷機で氷らせると、他にもいろいろな料理に使えます。

  • タイ料理などエスニックな料理に、少し酸味を加えたい時。
  • 手作りドレッシングの酸味に。
  • 鶏肉を夏みかんの果汁で煮る。

などなど、使い方はたくさんあります。

今年の夏は、大家さんのおかげで、季節の旬をしっかり楽しむことができました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください