蕎麦の実トマトリゾットのレシピ。グルテンフリーでダイエットにもおすすめ

先日、蕎麦の実を使ってトマトリゾットを作りました。

ここ最近、蕎麦の実に注目が集まっているようですね。美味しく食べられるレシピを考えていたのですが、即席で作ってみた蕎麦の実トマトリゾットがとても美味しかったので、そのレシピをシェアします。

蕎麦の実とは。

蕎麦の実は、蕎麦米とも言われます。大抵は蕎麦の実を挽いて、粉状にしてから様々な料理に使われます。お蕎麦やガレットなどの食べ方が一般的です。

最近は、栄養価の高いことに注目が集まり、蕎麦の実をそのまま食べるレシピが増えてきました。

わたしの地元では、柔らかく湯がいた蕎麦の実をお吸い物に入れて食べる「蕎麦米汁」が一般的です。

蕎麦米汁にしても美味しいですし、わたしも大好きな故郷の味なんですが、今回は少し趣向を変えて、西洋風のトマトリゾットを作ってみました。

蕎麦の実トマトリゾットのレシピ。

蕎麦の実トマトリゾットの材料。(三人分)

  • 蕎麦の実 200g
  • ホールトマト缶 1缶
  • にんにく 1〜2かけ(お好みで。)
  • 鷹の爪 1〜3本(お好みで。)
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ベーコン 3枚
  • コーン 30〜40g(お好みで。)
  • 玉ねぎ 1/2玉
  • 粉チーズ 適量
  • バジル・オレガノ 適量
  • 塩 小さじ1/2
  • 胡椒 適量
  • コンソメキューブ 1個

下ごしらえ。

  • 蕎麦の実を、流水でさっと洗い、ざるに上げる。
  • にんにくは薄くスライスする。
  • 鷹の爪を輪切りにする。
  • 玉ねぎをみじん切りにする。
  • ベーコンを1cm角に切る。
  • コーンはさっと湯がく。

蕎麦の実トマトリゾットのレシピ・作り方。

  1. フライパンにオリーブオイル・にんにく・鷹の爪を入れ、最弱火でじっくり香りを出す。
  2. にんにくの香りがオイルに移り、少しにんにくが色づいてきたら、にんにくと鷹の爪を取り出す。
  3. 中〜強火にし、フライパンに残っているオリーブオイルで玉ねぎとベーコンを炒める。
  4. 玉ねぎが透き通り、ベーコンに軽く焦げ目がついたら、蕎麦の実を加えて軽く炒める。
  5. オイルが蕎麦の実全体に馴染めば、そこにトマト缶と、先ほど取り出しておいたにんにく・鷹の爪を加える。
  6. ぐつぐつとしてきたら、コンソメキューブ・塩胡椒・コーンを加える。
  7. 弱火にして、蓋をし、蕎麦の実が柔らかくなるまで炊く。(水分量が足りないと思えば、適宜分量外のお水を加える。)
  8. 10〜20分ほど炊いて、蕎麦の実が好みの固さになれば、バジル・オレガノ・粉チーズで味を整える。(結構柔らかめに炊いた方が食べやすいです。)
  9. 器に盛り付け、上からさらに粉チーズ・分量外のオリーブオイル・バジル・オレガノ・胡椒などをお好みでかけて完成。

いただきます。

もっとモソモソ・パサパサとした食感になるかと思っていたのですが、柔らかく炊いたので、食べやすく、とても美味しかったです。

女性が好きそうなメニューなので、がっつり系の男飯が好きな夫の反応はいまいちかな、と気にしていたのですが、夫も「美味しい」と言って食べてくれました。男性にも食べやすいレシピなので、おすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください