よこはま[眼鏡橋]THEノスタルジー・ラーメン。DNAが反応する美味さがここにあった

こんにちは、ことです!

先日、用事で街に出かけたとき、なんとなくお腹が空いて、なんとなくご飯を食べることになり、ふらっと立ち寄った中華料理屋さん「よこはま」。

長崎の方にとっては、言わずと知れた老舗中華料理屋さんですが、わたしはこの日がはじめての訪問。

あの日の感動をぜひ残させてください。

題して、「よこはま」行って、総理大臣を夢見た話。

長崎の老舗中華料理屋さん「よこはま」

お伺いしたのは、眼鏡橋店。本店は思案橋店なのでしょうか?

長崎の中華料理屋さんということあって、ちゃんぽん・皿うどんを食べたくなるところですが…。

わたしは、平日ランチのラーメン定食(ラーメン+半炒飯)にしました!

だーん、と到着した、このビジュアル。

透き通ったスープに、きちんと整列した細麺。チャーシューとメンマと海苔の正三角形が、額縁のようです。

もう絶対、間違いないやつ…。

炒飯は長崎らしく、蒲鉾が入っていて美味しそう。

早速いただきます!

…!!

「これは、やばい」と、本来なら心の中で唱えている声が、思わず外に漏れてしまいました。

はじめて食べたのに、なんでこんなにDNAに刻み込まれた味がするんでしょうか。

よこはまのラーメンは、もしや日本国民の心の故郷なのでは…!?と錯覚してしまいます。

幼い頃の記憶が思い浮かびます。

祖父母の家に遊びに行ったとき、祖母がお昼に店屋物を頼んでくれ、ラーメン屋さんが配達に来てくれていました。

ラーメン丼に並々と注がれたスープと、それを覆うサランラップ。

ぐるっと一周留められた輪ゴムを、汁が飛ばないよう外すのにコツが必要で、なかなか大変だったんですよね。

20年以上前のあの日の記憶が、さぁっと脳裏に浮かぶラーメン。

幼い頃から何度も食べたあの味に、郷里と離れたこの町で、今日はじめて食べたラーメンがそっくりだなんて!

スープは鶏ガラ?豚骨?でしょうか(ごめんなさい、詳しくなくて)。

次から次へと飲みたくなる優しさがあるのに、ちゃんとコクを感じます。

麺は、細麺で、とにかく柔らかい!

博多ラーメンを頼む時も、「やわ」でお願いするわたしにとっては、好みにピッタリの柔らかさです。

ほんとずーっと美味しくて、口に運ぶたび、(これはやばい)ってしきりに思っていました。

半分ぐらい食べ進めたところで、思ったことがあります。

「税金を投入して、この味を国宝として保護すべきだ」ということ。

ずるずるラーメン啜りながら、「わたしが総理大臣になったら〜…!」と夫を前に街頭演説をしてしまいました。

でも、お会計する頃になってハタと思ったのは、「税金を投入するなんて、なんて傲慢な考えなんだ」と。

あんな美味しいんだから、わざわざ税金を投入することなくとも、お金を払いたいお客さんが絶えないはず。

「よこはま」なら、安定した美味しさを提供し続けてくれるはずだ、と。

「総理大臣になって税金を投入して〜」などというのは、「よこはま」の力量を低く見積もっていることに違いない。

と、反省しました。

なので、今後も「よこはま」に通って美味しいラーメンをいただきたいと思います。

夫は、ちゃんぽんを頼んでいました。なにやら美味しそうでした。

(以下、夫)

「よこはま」のちゃんぽんは、長崎の中華料理店の中ではやや濃いめの方。

濃厚で甘みの強いスープが、つるっとした麺によくあいます。たまにガッツリ食べたくなる味です。

あっさり系のちゃんぽんが好きな人には、ちょっと重いかもしれません。

炒飯は安定の美味しさ!

食べながらしきりに唸ってしまう美味さです。やっぱりピンクのかんぼこが入ってる長崎のチャーハン!間違いない美味さです!

炒飯好きの方もぜひ「よこはま」へ。

まとめ

もう一度言います。

ほんとうに、「よこはま」のラーメンは危険です。

美味しすぎて、国家転覆させてしまうところでした。また伺います。御意

よこはま眼鏡橋店
住所 長崎市諏訪町6-17
電話番号 095-825-9382
営業時間 11:00-15:30
16:30-20:00
定休日 火曜日(祝日の場合は前後にずれます)
URL ホームページ

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください