HafH CAFE[古川町]ブルーボトルコーヒー初代バリスタが淹れる究極のコーヒーが長崎で飲める!

カテゴリー 長崎

長崎市古川町にゲストハウス一体型の、超お洒落なカフェができました。

ここ、あの「ブルーボトルコーヒー」の初代バリスタがお店を出されるとのことで、いつオープンするのかとワクワク楽しみにしていたカフェです。

今日ついにOPENを迎えましたので、早速行って来ました!

都会の風が長崎に。心地よいお洒落カフェ「HafH CAFE」

「HafH CAFE」は、古川町に新しく作られた複合施設「HafH Nagasaki -SAI」の1Fにあります。

グレーを基調にしたとっても綺麗なビルです。

1F / HafH CAFE
2F / コーワーキングスペース
3F / ゲストハウス
RF/ ガーデン

建物の中の様子は、「長崎まちねた。」さんが内覧会で撮っておられるので、「ことぐらし」はカフェレポートをお送りいたします!

さすがは今日OPENとのことで、お店は大盛況!

「お洒落なカフェができるぞー」と、事前情報が出回っていたので、ハイセンスなお洒落さんたちがたくさん集まっています。

グレーで統一された空間の中に、さりげなく置いてあるグリーン。インテリアも洗練されててホントにお洒落。

ちょっと長崎でこのレベルのカフェはなかったので、期待値が上がります。

「HafH CAFE」は、カウンターで注文するスタイル。

こちらのメニューボードに載っていないものもたくさんあります。詳しくは下部メニュー項目をご覧ください。

お店の方に伺うと、「HafH Latte」がおすすめとのこと。お店の名前が付いているラテ、これは気になります。

あと、今日はOPENに合わせて、初代ブルーボトルコーヒーの「リーディングバリスタ」さんが来られてるとのこと。せっかくなのでハンドドリップもオーダーしました。

カウンターの横には、パンも置いてあります。

こちらは、大浦や滑石に店を構える「ガヤール」さんのパン。

もともと大好きなパン屋さんなので、こんなお洒落なカフェで一緒にいただけるとは嬉しいです。

それにしてもお洒落だなー。それにスタッフさんたちの笑顔が素晴らしい。

こんなとこでちょっと働いてみたいな、なんて思ったり。

カウンターで存在感を出しているのは、「LA MARZOCCO」のエスプレッソマシン。

この3連サイズを置いてるところは、長崎ではなかなか無いんじゃないかなぁ。

こちらの写真の右の方が、ブルーボトルコーヒー「初代リーディングバリスタ」の 向山岳(むかいやまがく)さん

コーヒー界にサードウェーブの波を作り出した、あの超人気店のバリスタが淹れるコーヒーを、まさか地元長崎で飲めるとは・・。コーヒー好きにとっては夢のようです。究極の贅沢!

円錐ドリッパーで1杯ずつ丁寧に淹れるハンドドリップコーヒー。楽しみです!

向山岳さんが焙煎するこだわりの豆

使用してる豆も見せていただけました。

やや浅煎りの「エチオピアのSidamo(シダモ)」という豆。僕の大好きな豆です。粒が揃っててとっても綺麗ですね。

こちらの豆は「みほし焙煎珈琲製造所」で焙煎されています。実はここ、バリスタ 向山岳さんが運営している雲仙小浜にある焙煎所。

カフェ激戦区の東京でも、こちらの焙煎所の豆を使うお店が増えてきているそう。今度ここも行ってみたい!

ちなみに、「HafH CAFE」ではこちらの豆の購入も可能です。(100g 900円)

飲んで美味しい!見て楽しい! “究極の珈琲タイム”

しばらく待っていると、注文番号が呼ばれました。

こちらは、ハンドドリップ。

器がとってもお洒落。これ「波佐見焼」の蕎麦猪口なんですって。長崎への愛情を感じますね。

自分で注ぐってスタイルも良いですね。器に注ぐときにフワッと広がるコーヒーの香りも楽しむことができますし。

それにしてもコーヒーの色がとってもクリアで美しい!

では、いただきます。

ウマい! 全然エグ味がない!

ペーパードリップなので、スッキリしてるのに、コーヒー本来の甘さが口いっぱいに広がります。

キツイ酸味もほとんどなく、軽やかながら確かなウマ味を感じます。

自宅ではハンドドリップに、ミルクを入れていただくのが好きなんですが、「HafH CAFE」のハンドドリップはそのままでいただきたい味。

他に何も入れなくともこれで完成されている美味しさ。

ぜひお試しください。

こちらは、妻がオーダーした「HafH Latte」。ハートのラテアートを描いてくださいました。可愛いですね。

こちらも波佐見焼の蕎麦猪口でサーブしてあります。とても人気で、お客さんの多くがこの「ハフ・ラテ」を注文していました。

メニューには、「カフェラテ」もあるんですが、違いはミルクの量。

「ハフ・ラテ」の方が、ミルク少なめ。イタリア人がエスプレッソを嗜むように、ちょっとずつ、ちょっとずつ、会話を楽しみながら味わって欲しいという願いが込められているそうです。

少しいただいてみると、確かに一般的なカフェラテに比べて濃厚!

エスプレッソって苦いとか酸っぱいとかいうイメージが先行して、ちょっと苦手だなと思っておられる方も多いと思います。

ですが、この「ハフ・ラテ」は本当のエスプレッソコーヒーの美味しさがわかる一杯です。

嫌なエグ味や酸味は一切なく、めちゃくちゃウマいです。

濃いブラックコーヒーが好きではない妻が、このコーヒーは美味しい!と言いながら飲んでいたので間違いありません。

エスプレッソ苦手という方にぜひ飲んでいただきたい一品です。

そしてコーヒーと一緒にぜひ「ガヤール」のパンもお忘れなく。手前が、オレンジショコラ。奥はアールグレイ。ちょっとボケてるけど・・。

柔らかしっとり系の優しい味で、コーヒーとよくあいます。

美味しいコーヒーとパンをいただきながら、究極のリラックスタイムを過ごさせていただきました。

またゆっくりお邪魔したいと思います。

1F右側の方では、ワニ革を使った工房さんのショップもありました。

長崎の日見にある工房で作られているそうです。4月くらいから、もっと本格的なショップになるそうです。

カフェに来られたら、こちらもぜひのぞいてみてくださいね。

メニュー

Cafe MENU

・Espresso(エスプレッソ) ¥ 400

・Americano(アメリカーノ) ¥ 480

・Cafe Latte(カフェラテ) ¥ 480

・HafH Latte(ハフラテ) ¥ 480

・Drip Coffee(ドリップコーヒー) ¥ 400

・Batch Brew(バッチブリュー) ¥ 500

・Espresso Tonic(エスプレッソトニック) ¥ 500

・Cafe Mocha(カフェモカ) ¥ 580

・Affogato(アフォガート) ¥ 580

・Local Craft Green Tea(緑茶) ¥ 400

・Local Graft  Tea(紅茶) ¥ 400

・Orange Juice(オレンジジュース) ¥ 350

Others

・HafH Breakfast(HafHオリジナル朝食セット) ¥ 680

・Bread(パン各種) ¥ 200

 

※  カフェメニュー以外にアルコールメニューもあります。

場所・営業時間

お店は、万屋町パーキングの道路を挟んで向かい側です。

駐車場は近くの100円パーキングにとめることができます。

HafH CAFE(ハフ カフェ)
住所:〒850-0851 長崎県長崎市古川町5-21
電話番号:095-818-8181
営業時間:7:00-22:00
休業日:なし
ホームページ:https://hafh.com/jp/sai/
クレジットカード利用OK

HafH CAFE[古川町]ブルーボトルコーヒー初代バリスタが淹れる究極のコーヒーが長崎で飲める!」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください