maaya+n[琴海西海町]のんびりとした時間にほっと一息。陽だまりのような隠れ家カフェ。

カフェ maaya+n

久しぶりのカフェ記事です。今回はことぐらしの地元「琴海」の素敵なカフェをご紹介します。

Instagramで見つけて知ってはいたのですが、なかなか足を運べてなかった「maaya+n(マーヤプラスエヌ)」さん。

伺ってみると、「こんなに素敵なカフェが家の近所にあったなんて!」と感動。

素材にこだわり、ほっこりした時間が流れるとっても素敵なカフェでした。

これは通い詰めちゃいそう!

先にカフェメニューを見たい方はこちら

琴海の癒しのカフェ「maaya+n」

maaya+n 外観

maaya+nは、西海町(旧琴海町)にあるスペシャルティーコーヒーとこだわりの手作りデザートがいただけるカフェです。

「西海町(にしうみまち)と西海市(さいかいし)は全く違う場所なんですよ」という話はさておき・・(笑)

ちょうど明誠高校の裏あたり。長崎市からも気軽にドライブで行ける範囲です。

maaya+nは、ご自宅のテラス部分に作られたカフェ「cup de maaya(カップ ド マーヤ)」と、お洋服屋さん「maaya+n(マーヤプラスエヌ)」が一緒になったお店。

お店の由来は、ご家族みんなの名前からとったそう。

写真左がカフェスペースで、右側がお洋服屋さんです。

ちなみに、入り口の可愛いフォントは、娘さんがスマホを見ながら書かれたそう。

maaya+n カフェの様子

お邪魔しまーす。カフェの中はこんな感じ。

うわぁーお洒落!!

窓が広いので、曇りの日でも明るく穏やかな空間が広がります。

もともとここは自宅用の駐車スペースだったそうで、風の強い日や雨の日でも楽しめるようにとご主人を筆頭にご家族みんなでDIY。

とっても素敵なテラスカフェに感動。本格的すぎてDIYのレベルを超えてる・・。

maaya+n カフェの様子

さらに奥へ進むと・・

個人的イチオシ席!ちょっと秘密の部屋っぽい雰囲気のある特別なお部屋。めちゃくちゃ素敵じゃありません?

伺ったこの日は、春の陽射しが届きながらもまだひんやりと冷える日だったのでストーブを焚いてくださいました。

外の緑がパノラマに広がる大きな窓。テーブルに飾ってあるドライフラワーやミモザ。

どれもとっても綺麗で癒されます。

いつもは縦写真は入れないって決めてるんだけど、とっても素敵なのが撮れたので1枚。

ミモザの季節、花粉症もちには辛いけど・・。やっぱり好きだなぁ。

maaya+nのメニュー

ホットコーヒー ¥ 380〜
水出しアイスコーヒー ¥ 410〜
カフェラテ ¥ 410〜
デザート単品 ¥ 380〜
デザートドリンクセット ¥ 710〜

※ 現在はコロナの影響でランチはしていません。

※ 夏には自家製アイスやアフォガートなど出される予定。

「cup de maaya」でいただきます!

今回はデザートセットを注文。

飾られているミモザが本当に見事なので写真撮りまくり。

テーブルの上に「カリンバ」が置いてありました。

Youtubeでときどき見るやつ。手に取りついつい鳴らしちゃいます。

とっても優しくて心地よい音色。楽器触るのいつ以来だろう。

そんなこんなでくつろぎながら待っていると・・

「お待たせしましたー」の声。

maaya+n デザートセット

▲ デザートセット ▲

わぁーめっちゃお洒落!!

カフェラテには本格的なラテアートも!

お洒落すぎるカップを前にいつも以上にシャッターを切るテンションが上がります。

▲ カフェラテ(黒糖トッピング) ▲

いただきます。

うわ、美味しい!!

苦味が少なくとってもマイルド。でもその中に華やかでフルーティーな香りが鼻を抜けていきます。

後味にスッキリ優しい酸味も。いやぁ、これは本格的でめちゃくちゃ美味しい!

それもそのはず。使っておられるのは、出島ワーフのatticさん(出島珈琲焙煎所)のスペシャルティーコーヒーの豆。

カフェを始めるときに、atticのオーナーさんにラテアートなど教えてもらったそう。

私もよくatticのコーヒー飲みに行くので、琴海でも飲めるのは嬉しいなぁ。

ATTIC COFFEE second[出島ワーフ]バリスタさんが淹れる自家焙煎のスペシャルティー珈琲!

ちなみに今日の豆は、コスタリカのレッドハニー。

時期や季節によって使われるコーヒー豆が変わります。いろんな産地の美味しいコーヒーを楽しめるのも嬉しいですね。

maaya+n 平飼い卵の温ぷりん

▲ 平飼い卵の温ぷりん レアチーズクリーム黒蜜添え ▲

そして、maaya+nさんに行ったら、絶対食べて欲しいのがこちら!

プリン!

ビジュアル的にプリンに見えないけど、これが最高に美味しいんです。

卵と牛乳と砂糖しか使ってない、シンプルなプリンなんですが・・

上品ながらしっかりとコクがあって、素材の美味しさがギュッと詰まってます。

卵は写真家の繁延あづささんの「平飼い卵」を使っておられます。

なるべく自然に近い環境で育てた鶏たちが産む卵は、臭みが少なくしっかりとしたコクが楽しめるそう。

まずはそのまま素材の味を堪能して、最後の方に柚子クリームをアクセントに加えるのがおすすめです。

「maaya+n」でお洋服を。

ゆっくりカフェタイムを楽しんだあとは、お隣のお洋服屋さんへ。

こちらでは、nillさんの洋服や、maaya+nさんオリジナルのお洋服が並んでいます。

とっても着心地が良さそうな素材の服がたくさん。

作家さんの可愛い革細工などもあります。

こちらは、綿で作られた晒し布。

エプロンのように腰に巻いて使えるように紐がついています。

作業用手ぬぐいとして使い勝手良さそう。

maaya+nの印字も可愛い!

なかなか大量生産は難しいみたいなので、気になる方は早めにチェックしておいた方がいいかも。

Maayaの畑

maaya+nは、カフェと洋服屋さんだけじゃないんです。

お店の裏には畑が!

この日は豆の花や、菜の花などが咲いていました。

「コーヒーも、洋服を作る綿も、全ては土から生まれるものなんです」とオーナーさん。

多くの人に「土」の恵みを感じてほしいとの願いから、定期的に「畑の時間」というイベントも開催しておられます。

maaya+nさんの原点でもある畑。カフェにお越しの際はぜひ畑も見学してみてくださいね。

イベントの情報はインスタグラム (@maaya_aki)に載っています。

場所

京泊–琴海線(琴海堂やドラッグストアモリの通り)から行くと、比較的分かりやすいです。

駐車場はお店の前に十分な台数スペースがあります。

まとめ

maaya+nは、素材にこだわり土の恵みを感じられるとっても素敵なお店でした。

琴海にこんなにお洒落でくつろげるカフェがあったなんて。

のんびり一人時間を楽しみたい方、ゆったりとした時間の中で自然を感じたい方にめちゃくちゃおすすめの隠れ家的カフェです。

営業日は変更になる場合があるので、行かれる際はInstagramでご確認を。

maaya+n
住所 長崎市西海町3381-3
電話番号 090-5474-2155
営業時間 10:00-17:00
営業日 水・木・金・土(変更あり)
WEB ホームページインスタグラム

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください