ZOE[波佐見]とびっきりお洒落な呉須色ソーダとサイフォン珈琲で波佐見を満喫。

ZOE 呉須色ソーダ

2021年10月に、波佐見町に新しくオープンしたお店「ZOE」に行ってきました。

とっても綺麗な「呉須色(ごすいろ)ソーダ」と、こだわりのサイフォンコーヒーが楽しめる素敵なカフェ。

職人さんによる手描きの素敵な陶器も楽しめますよ。

波佐見焼にとっても関係の深い「呉須色」とは一体?

「ZOE」ってどんなお店?

波佐見焼のお店とカフェZOE

▲ 一誠陶器の直営SHOP&カフェ「ZOE」 ▲

「ZOE」は、10月にオープンした波佐見焼「一誠陶器」の直営店。

正式名称は、ZOË L’Atelier de poterie(ゾエ ラトリエ ドゥ ポトゥリー)で、陶器のアトリエという意味があります。

とってもお洒落な建物は、SHOPとともに素敵なカフェも併設されています。

ZOE店内

店内はこんな感じ。

もともと空き家になっていた古民家をリノベーションして作られたお店は、広い窓から日差しが注ぎ、とてもお洒落な雰囲気。

カフェのカウンターは、焼き物の生地を運ぶ長い板を再利用。

そして仕切りにはもともとこの家にあった欄間が使われています。

木が見える梁がむき出しになった高い天井もカッコいいなぁ。

すっきりとしたモダンな雰囲気の中に、伝統的なものをアクセントとして残しておられるのがいいですね。

ZOE テラス席

ちなみに、外にはテラス席も。

こちらは風通しもよく、天気の良い日は気持ちよさそうですね。

カフェ「ZOE」

メニュー

コーヒー サイフォン(HOT) ¥ 450
アメリカーノ(HOT/ICE) ¥ 350
カフェラテ(HOT/ICE) ¥ 450
カフェモカ(HOT/ICE) ¥ 500
キャラメルマキアート(HOT/ICE) ¥ 500
クリームソーダ 呉須色 ¥ 550
メロン ¥ 500
イチゴ ¥ 500
フラッペ チョコレート ¥ 600
キャラメル
ストロベリー
ソフトドリンク オレンジジュース ¥ 300
ジンジャーエール ¥ 400
アイスティー ¥ 300
アルコール ハイネケン ¥ 600
グラスワイン(赤/白)
ガトードマグ ティラミス ¥ 850
プチシューモンブラン
赤い果実のレアチーズケーキ

その他、季節によっていろんな限定メニューが追加されます。

詳しくはお店のインスタグラムをどうぞ。 → インスタグラム

いただきます。

・呉須色ソーダ

ZOEの呉須色ソーダ

▲ 看板メニュー「呉須色(ごすいろ)ソーダ」▲

まずは、お店の看板メニュー「呉須色ソーダ」を。

インスタで見て、これは行きたい!と思ったやつ。

ZOE 呉須色ソーダ

▲ 波佐見焼の絵付けに使われる呉須色をイメージ ▲

光に透かしてみると、すっごく綺麗。

喫茶店などでよく見る鮮やかなブルーのサイダーとはちょっと違います。

「このくすんだ美しい色は、呉須色(ごすいろ)と言って、古くから波佐見焼の絵付けに使われている色なんですよ」とオーナーさんが説明してくれました。

この色を再現するの、かなり難しいらしく、ブルーハワイをベースにいろんな材料を調合し試行錯誤を重ねて出しておられるんですって。

お味の方はもちろん美味しい!!

ちょっと和の雰囲気の呉須色ソーダ。お店のテイストともマッチしててお洒落。

せっかく波佐見に来たなら、呉須色ソーダぜひお召し上がれ。

・サイフォンコーヒー

ZOE サイフォン珈琲

▲ 本格的なサイフォン珈琲 ▲

ZOEでは、こだわりのコーヒーもいただくことができます。

ヒーターのオレンジ色の光に、ポコポコと音を立て淹れられるサイフォンコーヒー。

木べらで優しく混ぜると、とっても良いコーヒーの香りが店内に広がります。

ZOE サイフォン珈琲

出来上がりました。

このカップ・ソーサは、一誠陶器のもの。

さきほど説明した「呉須色」を使って描かれた伝統的な波佐見焼です。雰囲気ありますね。

ZOE 波佐見焼とコーヒー

▲ 波佐見の「イソザキ珈琲」焙煎の豆 ▲

いただきます。

うまこれっ!

エグ味とか全然ないし、さらりといただけるクリアさ。これは美味しいぞ・・

お話をお聞きすると、同じ波佐見町の西の原にある「イソザキ珈琲」さんで、サイフォン用に焙煎してもらった豆を使っておられるとのこと。

なるほど、「イソザキ珈琲」さんか!

私も大好きな豆屋さんです。

浅煎りのコーヒー屋さんが増えてきていますが、オーナーさんは落ち着ける深煎りの方が好きでイソザキ珈琲さんにお願いされたそう。

いやぁ、美味しいなぁ。

すっきりとした深煎りで、時間が経つにつれ変わるサイフォンコーヒーの味を、オーナーさんとのお話を楽しみながらゆっくり楽しめました。

この波佐見焼のカップのシックさが、よく似合う美味しいコーヒーでした。

ごちそうさまでした。

・ガトードマグ

ZOE ガトードマグ

▲ マグカップに入った「ガトードマグ」 ▲

コーヒーのお供に人気の「ガトードマグ」を。

ZOEオリジナルのマグカップに入ったデザートです。

3種類(ティラミス・プチシューモンブラン・赤い果実のレアチーズケーキ)から、今日はティラミスをチョイス。

ZOE ガトードマグ

▲ 九州産マスカルポーネを使った本格ティラミス ▲

833(波佐見)と描かれた可愛いクッキー。

ランダムでいろんな動物とか植物があって、何が出るかはお楽しみ!

一口いただいてみると、これまた美味しい。

エスプレッソしみしみで柔らかくなったビスケットと、マスカルポーネのチーズクリームが絶妙。

これ、九州産のマスカルポーネを使ってるんですって。

材料にもこだわっててすっごく美味しい。コーヒーにもよく合うなぁ。

量もしっかり入ってるので大満足。

実はこちらのマグカップ、制作段階でちょっとした傷やムラができたB品(日常使いに全然問題なし)を使ってて、食べ終わったらお持ち帰りできるんです。

▲ B品マグはお持ち帰り可能 ▲

しかもこれ、食べたカップじゃなくてもOK!

「どれになさいますか?」と奥の方からマグカップを持ってきてくださいました。

どれも可愛くて使い勝手が良さそう。散々迷ったあげく、白のマグカップを持ち帰ることに。

手触りがとても良くって、家でも美味しいコーヒー淹れて楽しんでます。

ガトードマグは数量限定で、人気なので早めに売り切れることも。

食べたい方はぜひ早めの時間帯に。

「ZOE」の器が楽しめるSHOP

ゆっくりとカフェ時間を楽しんだあとは、ZOEの可愛い陶器をじっくりと。

もともと商社向けにしか卸していなかった一誠陶器の器を、家庭でも楽しめるようにと、新しく展開したのがZOE。

とってもお洒落で可愛い器がたくさん並んでいます。

レトロなものからポップなものまでいろんなラインナップがあります。

最近では、大量生産しやすいプリントの波佐見焼が増えてきたそうですが・・

せっかくの技術を活かしてほしいというオーナーさんの願いから、ZOEの器は、職人さんが一つずつ丁寧に手描きしておられます。

すごい繊細な技術。

手描きゆえ、1枚1枚ちょっとずつ風合いが違うので手に取って選ぶ楽しさがありますね。

▲ イラストの可愛い酒器セット「SAKE kanbin」 ▲

こんな可愛い酒器セットもありました。

このイラスト実はオーナーさんの手描き!可愛い!!

お店のお皿のデザインやイラストなど、ご自身でなさっているんですって。

もともと都会で服飾関係の仕事をしておられたオーナーさん。

フランスでファッションの勉強をされてアパレルブランドのデザイナーや舞台衣装のデザインなどをされていたそう。

こんな素敵なお店なのも納得です。

どの器もとってもハイセンスで欲しくなるものばかりでした。

波佐見焼 ZOE ソース

▲ ZOEのSAUCE(ソース)シリーズ ▲

悩んだあげく、こちらの「SAUCE(ソース)」シリーズのお皿を購入。

ちょうど翌日から陶器市が開かれる関係で、お安くゲットできてラッキーでした。

どんな料理を盛り付けようか、わくわくです。

場所

お店は、「波佐見やきもの公園」のすぐそばにあります。

車も、やきもの公園の駐車場を利用できます。

まとめ

ZOEのお皿

手描きの素敵な器に囲まれていただく、本格的なサイフォンコーヒーと呉須色ソーダ。

和やかで優しいオーナーさんとのお話もすごく楽しく、洗練された空間で癒しのひとときを存分に楽しめました。

器が好きな人も、コーヒーが好きな人も、大満足間違いなしの素敵なカフェ。

波佐見にお越しの際はぜひ。

ZOE(ゾエ ラトリエ ドゥ ポトゥリー)
住所 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-5
電話番号 0956-55-7460
営業時間 11:00-16:00
定休日 木曜
WEB ホームページインスタグラム

近くには、浅煎りのコーヒーが楽しめるカフェ「No.1210」もあります。

こちらもぜひ。

No.1210[波佐見]お洒落なカフェで波佐見焼の陶器とこだわりのコーヒーと。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください