BUCO café[川棚]造船所をリノベーションした素敵カフェでいただく深煎りコーヒー。ランチも◎

インスタグラムなどで人気を集める川棚町のスポット「魚雷発射場跡地」。

そのすぐそばに、美味しいコーヒーやランチをいただける素敵なカフェが2019年5月、OPENしました。

その名もBUCO café。

リノベーションされたウッディな店内から、穏やかな海を眺めつつ、ドリンクやランチをいただくことができます。

ドライブや日帰り旅行にもおすすめですよ!

※  2019年5月訪問時の写真と2021年11月再訪時の写真が混在していますm(_ _)m

川棚のおしゃれカフェ「BUCO café」

川棚 BUCO cafe の外観

片島の「魚雷発射試験場跡地」駐車場のすぐ手前。

ブルーの素敵な外装が目を引く小さな建物が「BUCO café」です。

もともと造船所の母屋として使われていた建物をリノベーションし、気さくなオーナーさんご夫婦が始められたアットホームなカフェ。

さっそく店内へ。

リノベーションされたBUCO caféの店内。

BUCO cafe の店内

2019年5月訪問時

お店の中は、木がふんだんに使われたログハウス調で、とても落ち着く内装。

立派な梁や柱と、ところどころある鉄骨の部分の対比がお洒落です。

このセンスあふれるカウンターやテーブルも、オーナーさんの手作り。こだわりが感じられます。

BUCO cafe の店内から見える海

そして、こちらのイチ押しポイントは、広く開放的な窓から見える大村湾の景色。

もともと造船所の母屋として使われていたため、すぐ目の前が海という立地。

オーナーさんもこのロケーションに心奪われ、こちらでカフェをする決心をされたそう。

確かに最高に癒される景色です。

【2021年11月再訪】

BUCO cafe 店内

コンクリート打ちっぱなしだった店内の床は、木が敷き詰められよりお洒落に。

暖炉の壁もタイルが貼られてるし、観葉植物も増えてるし、とっても居心地の良い空間に進化しています。素敵だなぁ。

ことぐらしイチオシ!「BUCO café」メニュー

2019年5月のプレオープン期間中からあるドリンクやケーキに加え、再訪時(2021年11月)には、メニューがたくさん増えていました!

ドリアやロコモコ、カレーにハヤシライス、ホットドッグにパスタなどなど、充実したフードメニューはランチにもってこい!

そのなかでも、ことぐらしのお気に入りメニューをご紹介しますね。

アイスコーヒー&カプチーノ(各440円)

BUCO cafe こだわりのコーヒー

アイスコーヒー(左)と、カプチーノ(右)。

曲線の美しいお洒落なグラスで提供されます。

このカプチーノ、ホットなんですが、ガラスの中に空気が入ってて、熱が伝わりにくくなっています。

ちょっとこのグラス欲しいかも。

グラスも素敵ですが、このコーヒー、味もすごく美味しいんです。

お話をお伺いすると、ご主人のふるさと福岡の飯塚にある「OASIS COFFEE」さんの豆を使っておられるそう。

「きれいなコーヒー」をモットーに、丁寧に渋皮などを除去し、とてもクリアな豆に仕上げている職人気質のロースターさん。

道理で美味しいわけです。

豆は、日によって変わるそうですが、今日の豆は深煎りのマンデリン。

オーナーさんご夫婦が一番好きな豆だそう。

深煎りなのでガツンとくる苦味はあるのですが、エグ味や雑味が少なくスッキリしています。

しっかりとした味わいなのでミルクともよく合います。

レギュラーコーヒー(380円)

あまりにコーヒーが美味しかったので、追加でレギュラーコーヒーも注文しました。

こちらは、ハンドドリップではなく、エスプレッソマシンで淹れるコーヒー。

クレマの乗った濃いめのコーヒーは、古き良き純喫茶のイメージ。時間をかけてゆっくりゆっくりと味わいたい1杯です。

深煎りストロングなコーヒーが好きな方も絶対納得の美味しさです。

チョコケーキ(330円)

BUCO cafe ガトーショコラ

美味しいコーヒーと一緒に食べたくなるのは、甘いデザート。

ということで注文したのは、こちらのチョコケーキ。

ミルクチョコを練りこんだ生地に、ビターチョコレートの粒がたくさん入って、ザクザク・ホロホロとした食感を楽しむことができます。

苦味の強いコーヒーとよく合います。

ブーコケーキ(280円)

BUCO cafe BUCOケーキ

そして、こちらは BUCOケーキ。

バターと卵の生地に、ワッフルシュガーを散らしたオリジナルケーキ。

素朴で優しいお味にザクザクとした甘いシュガーがよく合います。

昔懐かしのバターケーキのような感じで、ホッとした気分になります。

ホットドッグ(400円)

BUCO cafe ホットドッグ

2021年11月再訪時

充実の軽食メニューの中から、ホットドッグをいただきました。

バインミーで使われるみたいな、ちょっとモチっとしたフランスパンがめちゃくちゃ美味。

パリッとしたウインナーも美味しい!

コーヒーともよく合うし、小腹が空いたときにおすすめです。

ノンアルカクテル「片島ブルー」(440円)

BUCO cafe ノンアルコールカクテル「片島ブルー」

そしてこちらが、BUCO caféの新名物「片島ブルー」!

お店の前に広がる片島の海をイメージしたノンアルコールカクテルで、混ぜると黄色から鮮やかな青へとだんだん色が変わっていきます。

見て楽しい、飲んで美味しい片島ブルー。とっても綺麗な色なのでぜひ写真撮ってみてくださいね。

ドリンクとフード・デザートのセット割やテイクアウト対応メニューもあるので、助かりますね。

BUCO caféはワンちゃんOK!

店内には、本もたくさんディスプレイされており、コーヒー片手に自由に読むことができます。

こちらは、可愛いフレンチブルドッグの写真エッセイ。

実は、「BUCO café」の名前は、オーナーさんご夫婦の飼っているワンちゃんが由来。

フレンチブルドッグの「マーゴ」ちゃんという名前なのですが、顔がブーっとしてるように見えるから「ブー子」とあだ名がついたそう。笑

でも、実際に会ってみると、とっても可愛いワンちゃんでした。

BUCO cafe

テラス席はもちろん店内もワンちゃん同伴OKなので、愛犬と一緒に楽しむこともできます。

BUCO cafe テラス席

2021年11月再訪時

ウッドデッキの立派なテラスでの、わんちゃんと海の風を感じながらカフェタイム、最高ですね。

場所・営業時間

お店に至る道が狭いので、譲り合い安全運転に心がけましょう。

駐車場はお店の隣や、魚雷発射試験場跡地の駐車スペースなどに止めることができます。

まとめ

美味しいコーヒーをいただきながら、穏やかな大村湾を眺め過ごす時間。

店内に響き渡る心和むJAZZのBGM。なんとも贅沢な休日の過ごし方です。

最後は、オーナーさんご夫婦が外まで出てお見送りしてくださいました。

これから人気のスポットになる予感。ぜひ皆さんも、休日ドライブに片島の BUCO café へ 。

川棚 BUCO cafe のシーカヤック体験

▲ クラゲと一緒に記念撮影 ▲

最近では、オーナーさんがガイドしてくれるシーカヤック体験も行っています。

実際に体験してみましたが、魚雷発射場跡への橋の下をくぐったり、山の上の観測所を沖から見たり・・

とっても気持ちの良いアクティビティーでした。

僕ら夫婦の初めてのシーカヤック体験は「ながさき旅ネット」に詳しいレポを掲載しています。合わせてお読みください。

ペット連れで楽しめる!家族みんな大満足の川棚を日帰りで遊び尽くそう!(外部記事)

BUCO café(ブーコ カフェ)
住所 長崎県東彼杵郡川棚町三越郷140-39
電話番号 080-2393-7209
営業時間 11:00-15:00 L.O 14:30(平日)
12:00-19:00 L.O 18:00(土日祝)
定休日 不定休(インスタグラムで確認を)
WEB インスタグラム

 

by
関連記事

コメント3件

  • BUCO cafeオーナー より:

    昨日はご来店ありがとうございます!そして素敵な写真に記事にしていただき本当に感激しております!めっちゃくちゃ嬉しいです!くつろいでいただけたようで良かったです。またよかったらご来店ください(^^)v

    • かい より:

      BUCO cafe オーナー様

      昨日はありがとうございました!
      とても落ち着いた雰囲気で、ゆっくりくつろぐことができました。
      ウッドデッキができたり、床材が変わったりしたら、お店の雰囲気もガラリと変わるでしょうね。
      また、楽しみにしています。
      コメントありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください