attic coffee 出島珈琲焙煎所のスペシャリティーコーヒー「パッセオ農園」を家カフェで

カテゴリー コーヒー

先日、長崎は出島ワーフにあるカフェレストラン attic(アティック)にマルの散歩がてら行ってきました。

そこで、自家焙煎所「出島珈琲焙煎所」の豆が置いてあったので購入してみました。

追記

出島ワーフに、スペシャリティコーヒー専門店、「ATTIC COFFEE second」 がOPENしました。

詳しくはこちら。

ATTIC COFFEE second[出島ワーフ]龍馬ラテアートが人気!自家焙煎スペシャリティコーヒーと手作りクッキーと。

attic coffee 出島珈琲焙煎所

以前から、とても美味しいコーヒーをいただけると長崎で人気のお店 attic。

坂本龍馬やシーボルト、グラバー、岩崎弥太郎など、長崎にゆかりのある偉人たちのラテアートが楽しめるお店としても有名なので、観光で訪れた方もおられるかもしれません。

もともとatticは、福岡のハニーコーヒーの豆を使っていたのですが・・。

なんと!

この度、新しく自前の焙煎所がオープンしたとのこと。

その名も「出島珈琲焙煎所」

これは、長崎人として味を確かめないわけにはいきません。

焙煎所オープン記念セールということで、 700円/100g → 500円/100g とお買い得になっていました。

(現在、豆は attic レストランに置いてあります。もうすぐコーヒースタンドもオープンする予定)

お店の方にお話を伺い、カフェオレに合うおすすめの豆を選んでいただきました。

それがこちら。

パッセオ農園の豆

カフェオレというと、ミルクに負けないようしっかり抽出できる深煎りブレンドを選んでしまうのですが・・。

今回おすすめされた「パッセオ農園」は深煎りよりもやや浅め。豆の色も浅い茶色で油分も少なそう。

「深煎りもおすすめですが、こちらは豆自体が甘さを含んでいるのでカフェオレにすると美味しいですよ」とお店の方の言葉でこの豆に決定。

なるほど。

袋をあけた瞬間に、ふわっと甘い香りが漂います。ちょっとチョコレートのような匂いです。

新しく購入した「ポーレックスのコーヒーミル」で細挽きにします。

ガリガリっと挽いていくとさらに香りが強くなり部屋中がとても良い香りで満たされます。至福のひとときです。

ポーレックスセラミックミルミニについてはこちらの記事に詳しく書いています。

【レビュー】ポーレックスセラミックコーヒーミルミニを購入しました

挽いた豆をエアロプレスの中に入れ、時間をかけてゆっくり抽出します。

ミルクを入れる前に、ブラックで少し味見。

これは美味しい!

確かに濃さでは深煎りにかないませんが、豆自体の甘さが鼻に抜けていきます。

温めたミルクを足してカフェオレにしていただきます。

うん。これは、女子受けする味だな。まるでフレーバーコーヒーのよう。

妻も、「香りがよくて美味しい!」と目をキラキラさせながら飲んでいました。

後日、フレンチプレスでもいただいてみました。

「ブラックなのに甘〜い!」

フレンチプレスはエアロプレスと違い、コーヒーの油分がしっかり出るので豆本来の味がより強調されます。

パッセオ農園の豆の甘さを活かすならこっちの方が良いかな。

豆・焙煎・抽出、その一つ一つのプロセスで無限に変わる味。これだからコーヒーはやめられません。

「どれが正解ということもなく、自分が美味しいと思うものが正解」

お店で淹れてもらったコーヒーを味わうのももちろん好きですが、家カフェだといろいろ「あーでもない、こーでもない」と試せるのでその時間も楽しくて大好きです。

珈琲に興味のある方はぜひ。家カフェおすすめです!

attic coffee / 出島珈琲焙煎所
住所:〒850-0862 長崎県長崎市出島町1-1 長崎出島ワーフ1F美術館側
電話:095-820-2366
営業時間:11:00~23:00(金・土23:30)
定休日:年末年始
駐車場:近くに提携駐車場あり クレインハーバー長崎駐車場 1時間100円(最大3時間まで)
ホームページ:http://attic-coffee.com/attic

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください