カリオモンズのコーヒー豆「エル・ミラドール」を家カフェでいただく

カテゴリー コーヒー

今回の家カフェは、長崎のコーヒー好きな方は誰もが知っているカリオモンズの豆をいただきます。

先日、長崎市内のドッグカフェ「トニー&クロエ」にお邪魔したんですが、そこで飲んだコーヒーが美味しかったので豆を購入してみることに。

そしたら、カリオモンズの豆でした。

カリオモンズの豆 EL MIRADOR(エル・ミラドール)

カリオモンズは西彼杵郡時津町にあるコーヒー豆屋さん。

農園から直接豆を買い付け、自分たちで焙煎・販売しているスペシャリティーコーヒーの専門店です。

売っている豆は農園の名前が付いているものが多くあります。

今回購入した「エル・ミラドール」はエルサルバドルのエル・ミラドール農園で生産された豆。

他の農園の豆や品種が混ざっていない「シングルオリジン」なので、品種本来の味を楽しむことができます。

カリオモンズの豆には、トランプのようなカードが同封されています。

EL MIRADOR 2017年ロットの基本情報を見ることができます。

【2017年ロットの風味特徴】

ローストナッツやキャラメル、シロップ漬けした栗のようなねっとりとした甘さと、充分に熟した赤いリンゴの淡い酸味、ほのかにペパーミントを感じる清涼感とのバランスが良く、複雑で甘い余韻も長く楽しめる。

収穫年によって風味も異なるので、その年の風味の特徴が書いてあるのはすごく親切ですね。コーヒー豆に対する愛情が伝わってきます。

封を切ると、ナッツ系の甘い香りが。

ローストは深煎り。

深煎りといっても、どちらかというと中煎りに近い深煎りといった感じです。

今回は、先日購入して、ハマってる「モカ・エキスプレス・フィアメッタ」でいただきます。

まずは「ポーレックスのセラミックミルミニ」で、豆を挽きます。(豆20g・3cup分)

この時間が一番の幸せ。

ごりごりと豆を挽くと、よりコーヒーの香りが強くなり、部屋いっぱいにナッツ系の甘い香りが広がります。

モカ・エキスプレスに適した挽き具合はこんな感じ。

細挽きと中挽きの間くらいです。(あまりに細かく挽いてしまうとセットするところの底部にある穴からこぼれ落ちてしまいます)

あとは、いつも汲んできてる美味しい湧き水(150cc)をセットし火にかけます。

あっという間に美味しいコーヒーの出来上がり。いただきます。

ウマい!

ブラックでも、しっかりとした甘さを感じます。酸味はほのかにある程度。なにより鼻から抜ける香りがとってもフルーティー。

眠気覚ましに飲むガツンとインパクトのあるタイプではなく、休日の朝にゆっくりと時間をかけて飲みたい1杯です。

小野リサとか合いそう。勝手なイメージですが。笑

 

カリオモンズの、エル・ミラドールはオンラインでお取り寄せもできます。

オンライン販売はこちら。→  カリオモンズ公式オンラインショップ

長崎近郊の方はぜひお店に足を運んでみてください。店員さんと楽しくお話ししながら豆を選ぶことができますよ。

お店もとってもお洒落です。

カリオモンズのお店の様子はまた記事にしますね。

カリオモンズコーヒーロースター(KARIOMONS COFFEE ROASTER)
住所:〒851-2106 長崎県西彼杵郡時津町左底郷297−3
電話番号:095-870-7447
営業時間:12:00-18:00 土日は10:00-18:00
店休日:火曜日
クレジットカード利用OK
ホームページ:http://www.kariomons.com/

 

カリオモンズのコーヒー豆「エル・ミラドール」を家カフェでいただく」に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください