森の古物店Fika[大村]こだわりのスペシャルティーコーヒーと、ヴィンテージのアウトドアギアと。

※2021年3月記事内容更新しました

大村インターのすぐ近く「森の古物店Fika」。

とっても気さくで優しいオーナーさんが淹れるこだわりのスペシャルティコーヒーと、年代物のヴィンテージギアを楽しめる素敵なお店です。

残念ながら2021年3月末で、現在の場所での営業は終了されるとのこと。

美味しいコーヒーとデザートを食べたい方はぜひ足を伸ばしてみてください。

「森の古物店FIKA」

「森の古物店Fika」は、もともとスウェーデンのカフェをイメージした「FIKA COFFEE」として、2020年3月にオープンしました。

現在では、オーナーさんの好きなヴィンテージのアウトドアギアの取り扱いも始め、「森の古物店Fika」という店名で営業しておられます。

やさしく入り込む自然光と、木をふんだんに用いた内装は、どこか北欧の雰囲気を醸し出しています。

海外の街を歩いてて、ふと目に止まったお洒落なコーヒースタンドに、ふっと吸い込まれてしまうような、そんな場所。

さりげなく飾られているランタンは、ヴィンテージのコレクションで、なかには第二次世界大戦以前の貴重なものも。

90年近く経った今も、変わらず明かりを灯し続けるランタン。ロマンがありますね。

ちなみに、「Fika」とはスウェーデン語で、「コーヒーブレイク」のこと。

こんな素敵な場所で、ちょっと一息つきたいものです。

メニュー

コーヒー 森の焚き火ブレンド[深煎り]
(フレンチプレス)
¥ 500
Ethiopia チェルベッサ・ダンシェ[浅煎り]
(エアロプレス)
¥ 500
アイスコーヒー ¥ 500
カフェ・ラテ/アイスカフェ・ラテ ¥ 520
エスプレッソトニック ¥ 500
ドリンク 季節のフレッシュジュース ¥ 600
アイスミルク ¥ 200
デザート クレームブリュレ ¥ 500
カネルブッレ(10月末まで) ¥ 240
アルコール 瓶ビール
(コロナ・ハイネケン・ハートランド)
¥ 480
その他 ¥ 800
大山 純米吟醸 無濾過原酒(日本酒) ¥ 800
コーヒーとラムのカクテル ¥ 700
フード 今週のおつまみ
(お取り寄せ缶詰)
¥ 500

コーヒー系のドリンクはもちろんのこと、アルコールまで揃います。

・コーヒー豆は2種類。

コーヒーは、種類によって、エスプレッソマシン、フレンチプレス、エアロプレスと抽出方法を変えておられます。

  • 森の焚き火ブレンド[深煎り](カリオモンズ )

お店のオリジナルブレンド「森の焚き火ブレンド」は、深煎りの豆を使っており、しっかりとしたコクの中にも甘みを感じる一杯。

長崎のロースター「カリオモンズ」さんに焙煎してもらっているそうです。

「カリオモンズ 」さんなら間違いない美味しさですね。

KARIOMONS COFFEE ROASTER[時津]長崎のスペシャリティーコーヒーといえば「カリオモンズ」

実際に頼んでみました。

▲ 森の焚き火ブレンド(カリオモンズ) ▲

こちらが、森の焚き火ブレンド。

深煎りと言っても、豆がテカテカするほどの深煎りではありません。

なので、苦味もマイルドで爽やかな飲み口。しっかりと香り楽しむことができるコーヒーです。

  • FUGLEN COFFEE[浅煎り]

浅煎りの豆は、東京にある「FUGLEN COFFEE(フグレンコーヒー)」のもの。

時期によって豆が変わりますが、全体的に華やかさが特徴で、紅茶のようにサラッと飲める香りを楽しむコーヒー。

何度がいただきましたが、「FUGLEN COFFEE」の豆は本当にフルーティーで美味しいです。

コーヒーを淹れる様子を写真に撮らせてもらいました。

まずは、オーダーが入ったら、グラインダーで豆を挽きます。

「FUGLEN COFFEE」の豆は、エアロプレスで淹れるのが一番美味しいとのこと。

挽きたての豆にお湯を注ぐと、華やかな香りが一気にフワッと広がります。

ポコポコポコポコ。

まるで呼吸をしているみたい。

これだけ膨らむのは豆が新鮮な証拠。どんな味がするのか楽しみです。

力をかけて一気に抽出!

こうやって、コーヒーを淹れているとこを目の前で見れるのって楽しいですよね。

出来上がりました。ビンテージの器に入れて運ばれてきました。

いただきます。

うん、ウマい!

口当たりがとてもまろやか。

これは確かに「紅茶のような」という表現がピッタリです。

嫌な苦味もエグ味も全くないので、「コーヒーは濃いし苦いしちょっと・・」という人でも、美味しく楽しめるコーヒーだと思います。

時間と共に変化していく味を存分に楽しむことができます。

ちょっと冷めてから感じる酸味が非常に美味で、飲み終わる頃にはもう1杯飲みたい気分に。

▲ シングルオリジンコーヒー(FUGLEN COFFEE) ▲

別の日、今度はアイスでいただきました。

この日の豆はコロンビア。みかんのフレーバーが特徴的な爽やかなコーヒー。

この日は日差しも強く暑かったので、スッキリした味が心地よかったです。

こうやってシングルオリジン(FUGLEN COFFEE)のコーヒーは、2週間に1度(豆が無くなればその都度)変わります。

味の違いを楽しみに訪れるのもいいですね。

今、どんなコーヒーなんだろう?と気になった方は、お店のインスタグラム「@forestvintage_fika」で確認することができます。

・手作りのデザート

「森の古物店FIKA」、コーヒーだけでなくデザートも充実しています。

見て美しい、食べて美味しい、素敵なデザートが勢揃い。

この日は、クレームブリュレとりんごと北欧紅茶のタルトタタンをいただきました。

▲ りんごと北欧紅茶のタルトタタン ▲

りんごと北欧紅茶のタルトタタンは、じっくりコトコト焚かれたりんごに味がよく染み込んでて、とっても美味しかったです。

北欧チックな器も素敵だし、上に飾られてるローズマリーもアクセントになってて美しい。

ついつい写真をたくさん撮っちゃいます。

▲ クレームブリュレ ▲

こちらは、クレームブリュレ。

割るときにザクザクっと音を立てる硬めのカラメルと、その下に広がるクリーミーなカスタード。

いやぁ、これは美味しい。

コーヒーとセットでいただく贅沢。たまりません。

▲ ガトーショコラ ▲

こちらは、ガトーショコラ。

ミニサイズなので、ちょっとコーヒーのお供になにか欲しいなというときにおすすめ。

食後でも、ぺろっといけちゃいます。

▲ 森のくまのレアチーズケーキ ▲

そして、こちらは瓶に入った可愛らしいビジュアルのチーズケーキ。

レモンをアクセントに、蜂蜜と濃厚なレアチーズが絶妙にマッチしてて美味。

レアチーズってけっこう重くどっかりなりがちですが、レモンが少し入ってるおかげで最後までさっぱりいただけました。

ごちそうさまでした。

・夜にはアルコールも

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ ・ ・ Open until 22:00 本日も夜カフェやってます。 ランタン片手にゆったりとした空間をお楽しみください。 ・ ・ ・

森の古物店 Fika(@forestvintage_fika)がシェアした投稿 –

お店は20:00まで開いています。

暗くなってくると、ヴィンテージのランタンに火が入りムーディーな雰囲気に。

こんな素敵な場所で、「コーヒーとラムのカクテル」なんかいただくのもいいですね。

場所

駐車場はお店の前にあります。

大村インターの出口の交差点は、ちょっと複雑なので事故にはお気をつけください。

高速を使っていく場合は、インター出口を右奥方向に進むとお店に着きます。

まとめ

「森の古物店 Fika」は、こだわりのスペシャルティーコーヒーと、美しく、そして美味いデザートが楽しめるお店です。

テイクアウトもできるので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

残念ながら現在の場所での営業はあとわずか。

ですが、近いうちにまた大村でお店を出されるとのことなので、また情報が分かり次第記事にしたいと思います。

ちなみに、この場所は4月末から新しくニュージーランドスタイルのコーヒーや焼き菓子、ホットドッグなどを楽しめる「hush hush」というカフェができるそうです。こちらも気になりますね。

森の古物店 Fika(フィカ)
住所:〒856-0028 長崎県大村市坂口町520−2
営業時間:15:00-22:00
休業日:日曜日
インスタグラム :@forestvintage_fika
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください